消防設備工事(個人住宅)

消防設備設置義務化と背景

近年住宅火災による死者数は増加しており、死亡原因の6割は「逃げ遅れ」、死者の6割が「65歳以上の高齢者」であるという統計があります。また、カラオケ店、ネットカフェや個室ビデオ店などでの火災で多くの尊い命が失われるといった火災も発生してます。
そんな中、1人でも犠牲者を無くそうと。平成16年に消防法が改正され全国一律に住宅火災警報器等の設置が義務付けられました。

設置場所と適用時期

新築住宅の場合
東京都は平成16年10月1日から、その他の都市は平成18年6月1日から住宅用火災警報器の取り付けが義務付けられています。

既存住宅の場合
平成18年6月1日から遅くても平成23年5月31日までの間で設置完了しなければならない日にちが市町村条例で定められます。

諏訪広域消防本部(岡谷市、諏訪市、茅野市、下諏訪町、富士見町、原村)では平成21年6月1日より既存住宅への適用がされています。

住宅用火災警報器の種類

住宅用火災警報器には「煙」で感知するものと「熱」で感知するものがあり、電池式と家庭用100V電源を使うタイプがあります。

煙式火災報知器 熱式火災報知器
煙式報知器 煙が火災報知器に入ると音(ブザー)や音声でお知らせします。 熱式報知器 熱を感知して音(ブザー)や音声でお知らせします。

消防設備取り付けについて

住宅用火災警報器には取り付ける種類や場所(位置)にルールがあり、適切な場所に設置することで確実に動作します。

弊社では住宅用火災警報器や自動火災報知設備など、消防設備の設計・設置工事を承っております。わからないことやご自身で設置が困難な場合や不明な点ありましたらご相談ください。

Copyright(c) 2019 imatech All Rights Reserved. o2BusinessTheme