消防設備工事・点検(事業所)

定期点検報告制度(消防法第17条の3の3)

消防用設備等は、いつ火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければなりません。
このため、消防法では、消防用設備等の設置義務がある防火対象物の関係者に対し、その設置した消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防機関へ報告することを義務づけています。

罰則

●消防用設備等又は特殊消防用設備等の点検結果の報告をしない者又は虚偽の報告をした者30万円以下の罰金又は拘置(消防法第44条第11号)
●上記の場合、その法人に対しても上記に定める罰金刑が科せられます(消防法第45条第3号=両罰規定)

報告を受ける人

消防長または消防署長

点検をする人

消防設備士・消防設備点検資格者など

点検・報告義務のある人

消防用設備又は特殊消防用設備等の設置が義務づけられている防火対象物の関係者(所有者・占有者・管理者など)

点検関係者

Copyright(c) 2019 imatech All Rights Reserved. o2BusinessTheme